平成30年度夏の交通事故防止運動が、本日7月11日(水)から始まりました。期間は、7月20日(金)までの10日間です。

 この運動は、夏のレジャーなどに起因する過労運転や、夏特有の解放感による無謀運転なにより交通事故が多発することが懸念されることから、県民一人一人が交通安全について考え、交通ルールの遵守と交通マナーの向上に取り組むことを通じて、交通事故防止の徹底を図ることを目的に行なわれます。

今年のスローガンは、「安全は心と時間のゆとりから 交通ルールを守って夏を楽しく安全に」です。
また、
①過労運転・無謀運転の防止
②子どもと高齢者の交通事故防
③自転車の交通事故防止
④全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
⑤踏切の交通事故防止
を重点として、運動に取組まれます。

私は、毎月1,15日の交通安全の日の活動に加え、本日から20日まで、大戸神社前の通学路での交通整理を行なうとともに、交通事故防止の啓発活動も行なっていきます。