昨日、川崎駅ラゾーナ前で行われました、川崎地域連合(川崎中央地区・大師地区・田島地区連合)の皆さんと一緒に「STOP THE 格差社会! 暮らしの底上げ実現」キャンペーンの街頭活動を行ってきました。

政府は、派遣労働者は「“生涯”ハケンで“低賃金”」のままで働き続けるというような仕組みとなる労働者派遣法の改悪、”定額働かせ放題”制度(特定高度専門業務・成果型労働制「高度プロフェッショナル労働制」)の導入や「解雇の金銭解決制度」の導入など、労働者保護ルールの改悪を本格化させています。

「社会の安定は雇用の安定にあり、人々の暮らしの安定が国の安定と発展の礎となる」との先人の言葉にもあるように、働く者が安定した雇用のもと安心して働ける環境を作ることが、安心社会への扉を切り開くことだと思います。そのためにも、私も連合の皆さんと一緒に、「STOP THE格差社会! 暮らしの底上げ実現」に向けて一緒に取り組んで参ります。

resize0015resize0014