川崎市議会議員(中原区) 松井たかし

松井たかしの政策

  • HOME »
  • 松井たかしの政策

松井たかし

松井たかしは

市民の皆さんと、ともに生き、ともに歩む、中原の街づくりを進めます。

明るく、安全で、安心して暮らせる7つのプラン

 1.安心して医療が受けられる街づくり
  ①高齢者が孤立しない、安心して医療が受けられる街づくりをめざします。
   ・中原区は2020年に超高齢社会へ
   ・増え続ける独身高齢者世帯
   ・各種施策の周知と活用に向けて
  ②安心して子どもを出産し、育てられる街づくりをめざします。
   ・少子化と言っても、まだまだ子育て世代の多い中原区
   ・妊娠しても近くで産むことが難しい現状

 2.いきいきと働ける街づくり
  ①新たな産業の創造・育成支援と市内企業の活性化により雇用を創出し、いきいきと働ける街づくりをめざします。
   ・産業育成と市民サービスの充実は両輪の関係
   ・財政健全化と成長産業戦略に取り組む川崎市
   ・機動的な対応と市内企業との連携に向けて

 3.市民が安心して暮らせる街づくり
  ①市民一人ひとりが町内会・自治会に積極的に加入し、市民が安心して暮らせる街づくりをめざします。
   ・人と人をつなぐ川崎市の町内会・自治会の現状
   ・町内会・自治会の活性化支援
  ②等々力緑地をはじめとした施設整備とともに、市民の誰もがスポーツ・レクリエーションを楽しめる環境の整備をすすめます。
   ・「スポーツのまち・かわさき」として
   ・中原区内の施設活用とスポーツを始めるきっかけづくりを

 4.子育ての輝く街づくり
  ①認可保育所の整備に加え、多様な保育施設の拡大および、障がい児の受け入れ拡大をはかります。
  ②子供の豊かな心の醸成を目的に、30人学級の環境づくりをめざします。
   ・改善するも完全に解消していない待機児童
   ・保育・教育に関する川崎市の取り組み状況
   ・施設だけでなく、医療や運営を含めた環境の整備を

 5.環境にやさしい街づくり
  ①ごみや二酸化炭素排出を減らし、環境にやさしい街づくりをすすめます。
   ・都市化対策と地球温暖化対策が求められる川崎
   ・武蔵小杉における実証実験と川崎の持つ技術
  ②緑化活動をさらに拡充するとともに、二ヶ領用水周辺の整備につとめます。
   ・緑ある中原区への取り組み
   ・市民の憩いの場、桜・桃の名所となった土木遺産「二ヶ領用水」

 6.市民にやさしい交通基盤の整備
  ①南武線の立体交差事業を進めることによって、地域経済活動の活性化をはかります。
   ・南武線の立体交差事業の調査がスタート
   ・中原区への経済効果と課題
  ②幹線道路や生活道路の整備をすすめ、快適な生活環境を整えます。
   ・川崎市民の日常の足と道路利用状況へ
   ・災害に強く、人と環境にやさしい道路へ

 7.地方のことは地方で決める議会の構築
  ①市民の皆さまの意志を反映した条例づくりをすすめるために、議員政策機能の強化推進をはかります。
   ・市民の意見が反映できる議会の構築を
   ・川崎市が取り組むべき課題

PAGETOP
Copyright © 議員控室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.